男性が気を付ける点

自分の身分が明らかにされないと、男性は開放的になってしまうことがあります。それはネットや電話という相手に顔が見えない場所で行うエロい行為でも同じことが起きてしまい、女性に迷惑がられ逃げられてしまうこともあるでしょう。テレフォンセックスは想像力を駆り立てられる官能的なエロリズムの世界です。そして相手が居なければできない行為です。女性を尊重する言動こそが女性に好かれ、もっと官能的なテレフォンセックスを楽しむことに繋がります。
基本的なことを忘れないようにしよう
「嫌がることをしない。強要させない。拗ねない」はテレフォンセックスに置いて男性の三箇条です。女性を嫌な気持ちにさせないようにしましょう。テレフォンセックスで大切なのは、相手を気持ちよくさせる言動です。これができてこそ、自分の快楽をもたらします。テレフォンセックスで真の快楽を求めているのであれば、相手を気持ちよくさせるという気持ちを男性は忘れないようにしましょう。よってこの三箇条を必ず守るようにしてください。
相手を自分のペースに引き込む
誘導させるというのはとても重要なことです。エッチな話または行為をしたいという気持ちで、互いに電話を掛けているわけですから、いかにしてテレフォンセックスに持ち込むかが鍵です。男性は優しく誘導するようにしましょう。「提案型のお触り」を推奨します。「どんな風に触られるのが好き?」に始まり「ちょっと触ってみない?」というニュアンスから持ち込むのが効果的です。
テレフォンセックスには指南書はありません。互いに満足したという結果こそが大事です。それを実現させるには、男性の心構えも重要です。電話になるけれども、紳士的な自分を演じるようにしましょう。結果良い相手に巡り合うことに繋がります。

関連する記事